国民健康保険が使えない診療について

2010年12月14日

次のような場合は、 国民健康保険で診療は受けられませんので全額自己負担になります。

■ 保険診療以外のもの
 保険のきかない治療や薬・差額ベット料・健康診断・予防注射・美容整形・歯列矯正・正常分娩費など


■ 仕事上での病気やケガで、労災保険が適用になる場合


■ 犯罪行為・ケンカなどの理由による病気やケガ

 


詳しくは保健福祉課にお問い合わせください。