離婚に関する届け出

2010年12月14日

 戸籍の届出の際に本人確認を実施しています。届出の際には、免許証やパスポートなど顔写真が貼付されている官公署発行の身分証明書をお持ちください。なお、身分証明書をお持ちでない方も届出はできますので、窓口にお申し出下さい。窓口で届出人の本人確認ができなかった場合や使者による届出の場合は、届出書に記載されている届出人の方に後日郵便でお知らせさせていただきます。

 

【協議離婚届】 

届出方法
届出期間 届出のあった日から効力が発生します。
届出地 1.夫婦の本籍地 2.夫婦の所在地 のいずれかの市区町村役場
届出人 夫および妻
届出に必要なもの 1.夫婦双方の印鑑(各々違う印鑑)
2.証人の署名押印(成人の方2人)
・証人は、成人で離婚の事実を承知している方であれば、第三者でもかまいません。
3.夫婦の戸籍謄本(本籍が美波町の方は不要)
4.外国籍の方の場合
・外国人登録証(外国人登録原票記載事項証明書)
・パスポート
・外国籍の方と離婚される日本人の住民票
備考 ・未成年の子があるときは親権の指定をしてください。
・親権を取っても子の戸籍の変動はありません。戸籍を母または父の戸籍に動かすには入籍届が必要となります。

 

 

【裁判離婚届】

 

裁判上の離婚には、調停離婚・審判離婚・判決離婚があります。離婚の訴えを提起しようとする者はまず、家庭裁判所に離婚の調停の申し立てをしなければなりません。

届出方法
届出期間 裁判が確定した日から10日以内
届出地 1.届出人の本籍地 2.届出人の所在地 のいずれかの市区町村役場
届出人 申立人または訴えの提起者
届出に必要なもの 1.調停離婚の場合、調停調書の謄本 審判または判決離婚の場合、審判書または判決書の謄本および確定証明書
2.夫婦の戸籍謄本(本籍が美波町の方は不要)
3.印鑑(届出人のもの)

 

 

 

 

【離婚の際の氏を称する届出】

 

離婚後も、離婚の際に称していた氏を称する届です。

届出方法
届出期間 離婚と同時または離婚の日から3か月以内
届出地 1.届出人の本籍地 2.届出人の所在地 のいずれかの市区町村役場
届出人 離婚により婚姻前の氏に復する者(復した者)
届出に必要なもの 1.戸籍謄本(本籍が美波町の方は不要)
2.印鑑(届出人のもの)

 

 

 

 

【外国人との離婚による氏の変更届】

 

外国人と婚姻し氏を外国人配偶者の氏に変更した者が、婚姻の解消後に氏を変更前の氏に変更する届出です。

届出方法
届出期間 婚姻の解消または取り消しの日から3か月以内
届出地 1.事件本人の本籍地 2.届出人の所在地 のいずれかの市区町村役場
届出人 外国人配偶者と婚姻を解消した者
届出に必要なもの 1.戸籍謄本(本籍が美波町の方は不要)
2.印鑑(届出人のもの)
備考 ・家庭裁判所の許可は要しません。
・届出によって氏変更の効力が生じるが、その効力は同籍者にはおよびません。

お問い合わせ

住民生活課
電話:0884-77-3613